一級土木施工管理技士コース

試験日及び合格発表日

1級学科試験
試験日:平成28年7月3日(日)/合格発表日:平成28年8月17日(水)

1級実地試験
試験日:平成28年10月2日(日)/合格発表日:平成29年1月17日(火)

合格基準

学科試験及び実地試験の別に応じて、次の基準以上の者を合格とするが、試験の実施状況等を踏まえ、変更する可能性がある。

  • 学科試験 得点が60%以上
  • 実地試験 得点が60%以上

合格率の推移

年度 学科 実地
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
H23 34,241 13,959 40.8% 26,617 5,544 20.8%
H24 37,703 20,674 54.8% 27,675 9,585 34.6%
H25 32,639 19,568 60.0% 29,182 10,299 35.3%
H26 33,130 19,389 58.5% 28,010 11,064 39.5%
H27 35,810 19,551 54.6% 27,547 10,266 37.3%

 1級土木施工管理技術検定試験において、平成26年度の実地試験合格率は平成23年度の20.8%から年々上昇してはいますが、学科試験と比較すると16%も低い状況です。しかも、この受験者数には前年度の学科試験合格者が含まれています。それだけ実地試験に合格することが難しいということです。

 とくに実地試験の配点で、施工経験記述論文の占める割合は高く、それが合格点に達しなければ、他の記述問題が解けたとしても、試験に合格することは困難でしょう。

 そこで、当社の添削による学習方法にて、施工経験記述論文で高い得点を稼ぎ出せるようになることが重要です。たとえ他の記述問題の結果が優れなくても、それを補うことで試験突破へ向けた最短ルートとなるのです。

 雅シビルアーキは、経験記述論文添削により、一人でも多くの1級土木施工管理技士が誕生するよう支援いたします。

詳しくは、「申し込みから本試験受験までの流れ」をご覧ください。

本年度の受講申込みの受付は終了いたしました。