雅シビルアーキ株式会社
お問い合わせはこちら

型枠および支保工

型枠および支保工

2015/10/17

型枠の側圧を設計する場合、下表をもとに算出する。

 

         型枠設計用コンクリートの側圧

打込み速さ (m/h) 10以下の場合 10を超え20 以下の場合 20を超える 場合
H(m) 1.5以下 1.5を超え 4.0以下 2.0以下 2.0を超え 4.0以下 4.0以下
部位
W0H 1.5W0+0.6W0 ×(H-1.5) W0H 2.0W0+0.8W0 ×(H-2.0) W0H
1.5W0+0.2W0 ×(H-1.5) 2.0W0+0.4W0 ×(H-2.0)

H:フレッシュコンクリートのヘッド(m)

(側圧を求める位置から上のコンクリートの打ち込み高さ)

W0:フレッシュコンクリートの単位体積質量(t/㎥)に重力加速度を乗じたもの(KN/㎥)

 

ちなみに、側圧を求める上で、配筋量や配筋状態は無関係である。

 

そのほか、型枠支保工の設計に際して、鉛直荷重の5%が水平方向荷重として働くことを考慮しなければならない。

----------------------------------------------------------------------
雅シビルアーキ株式会社
062-0001
北海道札幌市豊平区美園一条3-1-1 さたてビル2F
電話番号 : 011-821-1040
FAX番号 : 011-821-1041


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。