雅シビルアーキ株式会社
お問い合わせはこちら

レディーミクストコンクリートの標準偏差

レディーミクストコンクリートの標準偏差

2015/11/07

レディーミクストコンクリートの圧縮強度は正規分布に従う。

配合強度:m(N/㎟)

正規偏差:k

標準偏差:σ(N/㎟)

呼び強度の強度値:SL(N/㎟)

 

ここで、ある工場で製造しているコンクリートは呼び強度を30、標準偏差σは3.0N/㎟である。

また、(配合強度)=(呼び強度の強度値)+2.5σの式を採用している。

このとき、それぞれの計算は下記となる。

●配合強度

m=30.0+2.5×3.0=37.5N/㎟

●呼び強度の強度値を下回る確率(正規偏差)

kSL=(m-SL)/σ=(37.5-30.0)/(3.0)=2.5

●33.0N/㎟を下回る確率(正規偏差)

k33=(m-33.0)/3.0=(37.5-33.0)/3.0=1.5

●40.0N/㎟を上回る確率(正規偏差)

k40=(40.0-m)/3.0=(40.0-37.5)/3.0=0.83

 

----------------------------------------------------------------------
雅シビルアーキ株式会社
062-0001
北海道札幌市豊平区美園一条3-1-1 さたてビル2F
電話番号 : 011-821-1040
FAX番号 : 011-821-1041


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。