雅シビルアーキ株式会社
お問い合わせはこちら

コンクリートの性質(力学特性)

コンクリートの性質(力学特性)

2015/11/10

コンクリートの圧縮試験や弾性係数に関する下記の事項が重要である。

 

圧縮強度について、加圧板と供試体端面との摩擦係数が小さいと、変形拘束が小さく変形が大きくなるので、圧縮強度値は小さくなる。

 

コンクリートの静弾性係数の強度の強さは

割線接線弾性係数 < 割線弾性係数 < 初期接線弾性係数

となる。

 

コンクリートの引張強度試験方法は、円柱供試体を用いた割裂強度より

Ft=2P/(π×d×l)式により間接的に求める。

 

コンクリートは、静弾性係数 < 動弾性係数である。

 

----------------------------------------------------------------------
雅シビルアーキ株式会社
062-0001
北海道札幌市豊平区美園一条3-1-1 さたてビル2F
電話番号 : 011-821-1040
FAX番号 : 011-821-1041


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。