雅シビルアーキ株式会社
お問い合わせはこちら

海水の作用を受けるコンクリートの劣化

海水の作用を受けるコンクリートの劣化

2015/12/23

海水の作用を受けるコンクリートの劣化として

鋼材腐食は、海水中の塩化ナトリウム(NaCl)がコンクリート中に侵入し、鋼材周囲の不動態被膜が破壊されることで始まる。

体積膨張によるひび割れは、海水中の硫酸マグネシウム(MgSO4)が水酸化カルシウム(Ca(OH)2)と反応して、膨張性の石こうの結晶と水酸化マグネシウム(Mg(OH)2)を生成する。そして、せっこうの一部がアルミン酸三カルシウム(C3A)と反応して、膨張性のエトリンガイトを生成することで生じる。

多孔質化は、海水中の(MgCl2)が水酸化カルシウム(Ca(OH)2)と反応して、水溶性の塩化カルシウムを形成することで生じる。

----------------------------------------------------------------------
雅シビルアーキ株式会社
062-0001
北海道札幌市豊平区美園一条3-1-1 さたてビル2F
電話番号 : 011-821-1040
FAX番号 : 011-821-1041


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。