雅シビルアーキ株式会社
お問い合わせはこちら

鉄筋の継手・あき

鉄筋の継手・あき

2016/06/16

鉄筋継手に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

 

1.重ね継手部分において、焼きなまし鉄線で巻く長さが長すぎると、コンクリートと鉄筋との付着強度が低下する恐れがあるので、できるだけ短くするほうが良い。

2.継手位置を軸方向に相互にずらす距離は、継手の長さに鉄筋直径の25倍を加えた長さ以上とするのが標準である。

3.軸方向鉄筋の重ね継手の重ね長さは、鉄筋直径の20倍以上とする。

4.継手部と隣接する鉄筋とのあき又は継手部相互のあきは、応力伝達を円滑にするため、粗骨材の最大寸法よりも狭めるのが良い。

 

 

―解説―
継手部と隣接する鉄筋とのあき又は継手相互のあきは、粗骨材の最大寸法以上とする。

 

 

DSC_0113

電気・設備・プラントの配管が入り乱れる大人数での試掘

 

 

 

 

 

解答 4

 

----------------------------------------------------------------------
雅シビルアーキ株式会社
062-0001
北海道札幌市豊平区美園一条3-1-1 さたてビル2F
電話番号 : 011-821-1040
FAX番号 : 011-821-1041


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。