雅シビルアーキ株式会社
お問い合わせはこちら

セメントの物理試験方法

セメントの物理試験方法

2016/06/25

JIS R 5201(セメントの物理試験方法)に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.セメントの密度は、ルシャテリエフラスコと脱泡した水を用い、所定の質量の試料の体積を測定して求める。

2.セメントの比表面積は、ブレーン空気透過装置を用い、マノメータ液の降下する時間を測定して求める。

3.セメントの凝結は、ビガー針装置と標準軟度のペーストを用い、標準針が所定の貫入量に達する時間を測定して求める。

4.セメントの圧縮強さは、曲げ試験によって切断された6個の折片を用い、圧縮試験を行って求める。

 

 

―解説―
セメントの密度試験はセメントと水和反応しない鉱油を用いる。そのため水を用いることはしない。

DSC_0061

滝野キャンプ場

 

 

 

 

 

解答 1

----------------------------------------------------------------------
雅シビルアーキ株式会社
062-0001
北海道札幌市豊平区美園一条3-1-1 さたてビル2F
電話番号 : 011-821-1040
FAX番号 : 011-821-1041


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。