雅シビルアーキ株式会社
お問い合わせはこちら

高流動コンクリートの配(調)合

高流動コンクリートの配(調)合

2016/06/29

高流動コンクリートの配(調)合を下表に示す条件で求める場合、単位水量の値として、適当なものはどれか。

水粉体容積比 (%) 空気量 (%) 細骨材率 (%) 単位粗骨材絶対容積(㎥/㎥)
100 5.0 50.0 0.300

 

1.165㎏/㎥

2.170㎏/㎥

3.175㎏/㎥

4.180㎏/㎥

 

DSC_0087

仙台駅のアーケード

 

 

 

 

 

解答 3

 

―解説―
①細骨材絶対容積=(粗骨材絶対容積+細骨材絶対容積)=50.0/100
より
細・粗骨材を合計した単位絶対容積=0.600㎥/㎥=600ℓ/100

②骨材の絶対容積と空気量を除いた単位水量と単位粉体量の合計値
1000-(600+1000×5.0/100)=350ℓ/㎥

③水粉体容積比が100%である(単位水量=単位粉体容積)ときの単位水量
350×1/2=175ℓ/㎥

 

----------------------------------------------------------------------
雅シビルアーキ株式会社
062-0001
北海道札幌市豊平区美園一条3-1-1 さたてビル2F
電話番号 : 011-821-1040
FAX番号 : 011-821-1041


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。