雅シビルアーキ株式会社
お問い合わせはこちら

鉄骨工事の溶接

鉄骨工事の溶接

2016/07/08

鉄骨工事の溶接に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

 

1.溶接部の表面割れは、割れの範囲を確認した上で、その両端から50㎜以上溶接部をはつり取り、補修溶接した。

2.完全溶け込み溶接の突合せ継手における余盛高さについては、1㎜であったので、許容範囲内とした。

3.490N/㎟級の高張力鋼の組立溶接を被覆アーク溶接で行うので、低水素系の溶接棒を使用した。

4.溶接作業場所の気温が-5℃を下回っていたので、溶接部より100㎜の範囲の母材部分を加熱して作業を行った。

 

DSC_0201

富良野バーガー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答 4

-解説-
気温が-5℃以下の場合は溶接を行ってはならない。-5℃~+5℃の場合は、溶接部より100㎜の範囲の母材部分を適切に加熱して溶接を行うことができる。

----------------------------------------------------------------------
雅シビルアーキ株式会社
062-0001
北海道札幌市豊平区美園一条3-1-1 さたてビル2F
電話番号 : 011-821-1040
FAX番号 : 011-821-1041


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。