雅シビルアーキ株式会社
お問い合わせはこちら

コンクリートの打込み・締固め・打継ぎ

コンクリートの打込み・締固め・打継ぎ

2016/07/09

コンクリートの打込み・締固め・打継ぎに関する次の記述のうち、適当なものはどれか。

 

1.壁にコンクリートを打込む場合、表面が1区画内でほぼ水平となるように、棒形振動機を用いて十分に横流しを行うのが良い。

2.SRC造の梁において、鉄骨のフランジ下端の充填不良を防止するために、片側から打込んだコンクリートが反対側に噴出したことを確認したのちに、両側から打込むと良い。

3.型枠振動機は、振動をせき板に伝達させることによってコンクリートを加振するものであり、熱い部材の内部のコンクリートの締固めに適している。

4.水平打継ぎ部に新たにコンクリートを打込む場合、旧コンクリートの表面に散水したのちに、十分に乾燥させてから打込むと良い。

 

富良野バーガー(でかっ)

富良野バーガー(でかっ)

 

 

 

 

 

 

 

 

解答 2

 

解説
壁のコンクリートを打込む場合、棒形振動機により横流しをしてはならない。また、型枠振動機はせき板の表面付近にしか振動を伝達できない。よって、厚い部材の内部のコンクリートの締固めには適さない。そのほか、硬化したコンクリート上に新たにコンクリートを打ち継ぐ際の水分が、旧コンクリートに吸収されるのを防ぐため、打継面を湿潤状態に保つ必要がある。

 

----------------------------------------------------------------------
雅シビルアーキ株式会社
062-0001
北海道札幌市豊平区美園一条3-1-1 さたてビル2F
電話番号 : 011-821-1040
FAX番号 : 011-821-1041


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。