雅シビルアーキ株式会社
お問い合わせはこちら

マスコンクリートのひび割れ

マスコンクリートのひび割れ

2016/07/23

マスコンクリートに関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.内部拘束による温度ひび割れは、コンクリートの表面と内部の温度差による応力によって生じ、内部温度が最高となる時点で発生することが多い。

2.外部拘束による温度ひび割れは、断面を貫通する場合が多く、構造物の耐久性に影響を及ぼす。

3.打込み温度を低くすることは、内部拘束応力の低減には有効であるが、外部拘束応力の低減効果は小さい。

4.鉄筋量を増やすことは、ひび割れ幅の低減には有効であるが、温度応力の低減効果は小さい。

 

 

DSC_0261

コンクリート技士・主任技士研修が行われた仙台国際センター

 

 

 

 

 

 

解答 3

 

-解説-
打込み温度を小さくすると、内外部の温度差が小さくなるので、内・外部拘束のいずれにも効果がある。

 

----------------------------------------------------------------------
雅シビルアーキ株式会社
062-0001
北海道札幌市豊平区美園一条3-1-1 さたてビル2F
電話番号 : 011-821-1040
FAX番号 : 011-821-1041


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。