雅シビルアーキ株式会社
お問い合わせはこちら

ジオテキスタイル

ジオテキスタイル

2016/07/25

ジオテキスタイルを用いた補強盛土の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

 

1.盛土に用いる材料は、含水比試験などを適宜行うほか、最大粒径を超える岩塊が混入しないように管理する。

2.補強盛土の基礎底面は、摩擦効果を高めるため尖った歴などを使用し不陸を残した仕上面とする。

3.盛土の施工中の表面排水処理は、盛土の安定性や施工性を向上させるため、一般に盛土の表面に排水溝に向かって数%の勾配をつける。

4.補強盛土のサンドイッチ工法は、低品質の盛土材とジオテキスタイルによる排水層とを交互に盛り立てる。

 

DSC_0256

仙台アーケード街の、とある地下

 

 

 

 

 

解答3

 

-解説-
補強盛土の基礎底面に尖った礫などを使用すると摩擦効果が減少し、せん断応力や引張応力が低下するため、取り除かねばならない

 

----------------------------------------------------------------------
雅シビルアーキ株式会社
062-0001
北海道札幌市豊平区美園一条3-1-1 さたてビル2F
電話番号 : 011-821-1040
FAX番号 : 011-821-1041


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。